Youtube広告の種類(バンパー広告・True View広告・TRUE View for Action)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
youtube

様々なWeb広告展開がある中で、動画広告が注目されています。
FacebookやTwitterのSNSや、SmartNewsなどのメディアに流れる動画広告の配信先はありますが今回は 多くの方が目に触れている、YouTubeの 広告についてお話しさせていただきたいと思います。

Youtube広告の種類

Youtubeの広告といえば、動画が始まる前に流れる広告動画のイメージが強いかと思いますが、その広告を始め YouTube 広告については大きく3つのメニューがあり、それらを理解していたら十分かと思います。
1つ目がバンパー広告、2つ目True View広告そして最後の3つ目がTrue View for Actionになります。
それでは、一つ一つ見ていきましょう。

バンパー広告

バンパー広告とは動画の前に始まる動画の中でも、スキップがができない広告になります。
時間は6秒間で必ず最後まで見ないと動画に進めない広告になります。
主にブランディングで使う動画広告になり、6秒間の間でいかにメッセージを伝えるかが鍵になる動画作成の腕が試される広告になります。

True View広告

次にTrue View広告です。
True View広告には「インストリーム」と「ディスカバリー広告」の二つがあります。
インストリームとは その名の通り、 YouTube の動画の中に流れる広告で、動画の最初だったり、長い動画では途中にも流れるTVCMのような広告です。
【SKIPボタン】が出てくるスキッパブル広告なのも特徴ですね!
True View広告にはもう一つあって、そのもう一つがディスカバリー広告になりますディスカバリー広告とは関連動画セクションのユニットとして掲載され、サムネイル、広告見出し、チャンネル名、動画視聴回数が表示されます。
Youtubeは関連動画でひたすら見続けるのが特徴なので、こちらも注目の広告メニューですね。
ただ、勝手に流れる動画ではなく視聴者が自主的に押さないと閲覧されないので、サムネイルや見出しの作り方に工夫が必要です。

TRUE View for Action

最後に TRUE View for Action についてお話をさせて頂きます。
「for Action」というぐらいなので、YouTube から何かアクションを起こすための広告になります。
まぁだいたいはコンバージョンという形にはなるかと思います。
TRUE View for Actionの特徴 としてカスタムインテントオーディエンスが行えることがあります。カスタムインテントオーディションとは、ある特定の商品を探しているユーザーの特徴(主にキーワードであったり、見ているサイト)をターゲティングして広告配信が行うことをいいます。
これにより、よりコンバージョンしやすい人に動画広告を見せることができるのがTRUE View for Actionになります。

ブランディングから刈り取りへ

ここまでYoutube広告についてお話しさせていただきましたが、今までの YouTube 広告は主にブランディングがメインになってくるかとイメージかと思いますが TRUE View for Action の広告が始まったことによってブランディングから、刈り取り(コンバージョン)までを目指せる広告になったのが YouTube 広告になります 。

これだけ聞くとTRUE View for Actionが最強で一番効率が良いというようなイメージになるかと思いますがTRUE View for Actionでカスタムインテントオーディエンスを設定すると配信先がかなり限定されてしまうため、十分に動画広告配信ができないという状況になることもあります。
まずは知立 VIEW インストリームから初めてクルーズ4アクションに移ることが一番理想的な広告スタイルとなります。

しかしそれにはある程度の予算が必要になってくるかと思いますので TRUE View for ACTION だけでもまずは YouTube の現場を見る上で初めて見るのも手かと思います。

The following two tabs change content below.

Webプロ

代表Webプロ
2007年より大手悩み相談相談サイトの管理者として運営。 その後、通販ECサイト、メディアサイトの運営などでWeb広告、SEOの経験。 ウェブマーケティングのテストを行いながら勉強中。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る