CTAとは?魅力的なCTAを設定する為に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
20170717

毎日Analyticsを見て、
「アクセスが集まった!!」
「記事を増やしてもアクセスが増えない。。。」
なんてアクセスの数で一喜一憂を繰り返している人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな”アクセス依存症”の方にお伝えしたいことがございます。

それは、、、
アクセス数を気にしないで「訪れた人の行動」に注目しよう!

その基準となるものが「CTA:Call To Action(コール トゥ アクション)」です。
詳しく説明をさせて頂きます。

CTA:Call To Action(コール トゥ アクション)とは

20170717_1
まずCTAとは何かといと・・・
CTAは「Call To Action(コール トゥ アクション)」の略で、ブログやHPに訪れた方に「行ってほしい行動」のことを言います。
・お問い合わせ
・申し込み
・メルマガ登録
・購入
など、ブログやHPの目的が主な内容になります。

それぞれの運営サイトによってCTAは異なります。
カウンセラーの場合は、ブログやHPの目的はカウンセリングの申し込みになる人が多いのではないでしょうか?
物販のサイトの場合は商品の購入になるのではないでしょうか?

CTAとは、サイトに訪れた方に行ってほしい行動のことをいいます。

CTAは最終目的とは限らない

20170717_2
上記で、カウンセラーの目的はカウンセリングの申し込みとお伝えさせて頂きましたが、CTAを考えた時にHPやブログの目的を必ずしも「カウンセリングの申し込み」にする必要はありません。
むしろ、申し込みという最終目的をCTAにするのが間違いの場合が多くあります。

つまり、最終目的の為にワンステップ挟むということです。

正直にいってしまうと、あなたのブログやHPを一回みただけでカウンセリングの申し込みをしようと思う人は少ないです。
あなたが発信するコンテンを参考にして、他のサイトや他のカウンセラーのコンテンツを読み比較検討をするのが普通のユーザーの行動です。

このことを考えると、最終目的をCTAに設定するのは良いサイト作りとはいえないです。
「最終目的をCTAに設定する!」という固定概念は捨てて、サイトの導線を考えていきしょう。

CTAのキラーコンテンツを見つけよう

20170717_3
上記を踏まえて、何をCTAに設定するのが良いと思いますか?

それは、、、、わかりません!!笑

各分野や集めているユーザーの質によって設定するCTAは異なってきます。
さまざまなテストを繰り返して、最終目的にいち早く到達する為のキラーコンテンツを探していくしかないんです。

一般的に考えると・・・
新規のアクセスが多いサイトは「メルマガ登録」「無料の資料をプレゼント」
既存のアクセスが多いサイトは「他社比較」「料金表」「お得なサービス」
などが良いと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

CTAボタンはどういったものが良いの?

最後にCTAってどうやって表示をしたら良いかをお伝えさせて頂きます。
主に、バナーでの作成したCTAボタンになるかと思います。

CTAボタンの色やCTAボタンの中の文字などを工夫して魅力的なCTAボタンを作ってみて下さい。
作成例をご紹介させて頂こうかと思いましたが、上手くまとめて頂いているサイトがありましたのでご紹介をさせて頂き作成例のご紹介に代えさせて頂きます。

■ブログに必ず表示すべき8種類のCTAとは
https://blog.hubspot.jp/types-ctas-blog

まとめ

まずお伝えしたいのは、ブログやHPのアクセス数で一喜一憂するのは本日で辞めにしましょう。
あなたのサイトにあったCTAを作成し、最適なコンテンツを見つけ出してください!
このキラーコンテンツが見つかりましたら、少ないアクセスでも確実に実績につながります。

もし、良いCTAが見つからない、もう少し詳しく知りたい、という方がいましたらお気軽にご相談下さい。
導入セッションは無料で行っています。

では、また~

The following two tabs change content below.

Webプロ

代表Webプロ
2007年より大手悩み相談相談サイトの管理者として運営。 その後、通販ECサイト、メディアサイトの運営などでWeb広告、SEOの経験。 ウェブマーケティングのテストを行いながら勉強中。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る