Web集客・施策

Google広告の3つの入札方法(コンバージョン数最大化・tCPA・tROAS)について

物販や広告アフィリエイトをする場合、Google広告の運用は必須の技術になります。
今回はGoogle広告入札方法についてお話をさせていただきたいと思います
広告運用を行う場合は入札方法についての理解は必須の技術になりますので、じっくり読んでいただけたらと思います。

この記事はこんな人におすすめ

・Web 広告を行いたいが、入札方法が色々あってわからない
・代理店が広告を運用しているが、実際どんな運用方法を行っているか知りたい

Google 広告の3つの入札(スマート入札)について

入札方法は今まで手動で行っている部分も多かったのですが、技術が進歩していくことによって自動で入札するスマート入札というものが主流になってきました。
今回はこの Google のスマート入札についてお話しさせていただきます。
実際に私の肌感覚でも指導入札よりも自動入札によってパフォーマンスが改善されたという感覚があります。

今回お話しする三つの自動入札

  1. コンバージョン数最大化
  2. 目標コンバージョン単価 tcpa
  3. 目標広告費用対効果 tROAS

この三つの入札方法によって Google 広告が大きく改善していくとされています。

コンバージョン数最大化


コンバージョン数最大化とは、設定された日予算の中でコンバージョンの数をできるだけたくさん獲得するという入札方法です。

この入札方法は設定された予算バンバン使って、とにかくコンバージョンを集める入札になりますので、あるものは全部使うとなるため、クリック数が少ない場合はクリック単価が上がる傾向にあります。
特に学習によってコンバージョンが取れるとなったキーワードについては単価が高騰して上位表示するという設定になっていきます。

ですので、このコンバージョン数最大化を通常の入札方法にする場合は、出稿キーワードを一度見直しキーワードの除外設定などが最適化された状態で行うことが優先されます。

また、その他コンバージョン数の最大化を行うパターンとしては、新しいキャンペーン設定にした場合、学習機能を促進させるためコンバージョン数最大化を設定し、まずコンバージョンを獲得して、そのコンバージョンによって学習されたキャンペーンでtCPAやtROASに入札方法を変更して最適化するという場合も多くあります。

目標コンバージョン単価 tcpa>


目標コンバージョン単価 tcpa に関しては、このキャンペーンが目標とする CPA を設定してその CPA になるように機械学習しながら入札をするというものです。

これを設定するためにはある程度、学習されたコンバージョンがあることによって最適化が促進されますのでコンバージョン最大化の時にお伝えしたように、コンバージョンをある程度獲得してからこの tcpa に変えるという方法がベストです。

また 目標CPA を低く設定しすぎると、表示がされなくなるというのもこの入札方法の特徴です。
目標 CPA が低いと Google もさすがにこれでは取れないよと表示がされなくなるようです。

目標広告費用対効果 tROAS


最後に目標広告費用対効果tROASです。
こちらはROASを 目標にして入札するというもので tcpa のROAS版になります。
ROASを目標としているため、 EC サイトとしてはリスクの少ない入札方法になります。

ただこちらも tcpa 同様、コンバージョンがある獲得して学習機能が働いた状態で設定することによってより精度の高い入札になります。

ロアッソを目標としているため商品数の多い EC サイトからすると、商品単価の低い広告がなかなか出づらいというのも特徴にあります。

戦略に合わせた入札方法で効率の良い広告展開を

様々な入札方法を説明させていただきましたが、いったいどの入札方法がいいのでしょうか?
どれがいいというのはその時々の戦略によって変わってきます。
例えば、一番リスクの少ない広告展開を行いたいという場合には3番目のtROASになるのではないでしょうか?
ただtROASは費用対効果を最優先とするため、件数を増やすという目的では適していない入札方法になります。
もし件数を増やしたい場合は tCPA で CPA を守った状態でコンバージョンの件数を増やすという方法が一番良いかと思います。

ある企業ではキャンペーン期間はtCPA、それ以外の期間は tROASで入札するという戦略をしているそうです。
つまり割引などのキャンペーンがある場合は tCPA で件数を増やし、そこで獲得したお客様を CRM 対策で継続させ、またキャンペーンがない期間はtROASでリスクのない広告展開を行うというものになります。

入札方法については、広告展開の戦略や年間を通した戦略によって入札方法を検討していきましょう。

まとめ

それでは、本日のまとめです。

まとめ

Google広告の入札方法
■コンバージョン数最大化
とにかくコンバージョンを取ってこようという入札方法
■目標コンバージョン単価 tcpa
CPA を担保してコンバージョンを取ってこようという入札方法
■目標広告費用対効果 tROAS
ROASを担保してコンバージョンを取ってこようという入札方法

自動入札は実際の細かい設定についてはブラックボックスな部分がありますが、 Google の機械学習によって導き出された入札の方法なので私たちからしたら信用するしかないというものです。
結果については手動入札との差を見ることができますので、もし不安な場合は手動入札も行いながら自動入札の効果をみていくのも良いのではないでしょうか。

Googleによって導き出された自動入札で、より効率的にお客様を獲得し販売を促進してい けたらいいですね。

ABOUT ME
Webプロ
ブロガーとして初月3桁達成。 2007年に大手悩み相談サイトの管理者としてWebデビュー。その後通販ECサイト、大手メーカーでWeb広告、SEOを担当して、2020年1月にWebプロを立ち上げて副業ブロガー向けにコンテンツを執筆。