カウンセラーにとって無料相談ってどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
20170311

カウンセラーにとって、必要なことの一つに「経験」があります。
特にカウンセラーになりたての人にとっては、実際のカウンセリング経験が未熟な時はカウンセリングの現場で自分の持っているものを全て発揮することは難しいともいわれています。

そこで私がおすすめする方法は「無料相談」です。
無料相談については、賛否両論ありますが私はカウンセラーとして活躍する為には必要な活動と位置づけています。

今回は無料相談について考えてみたいと思います。

カウンセラーの無料相談で何ができるの?

カウンセラーの無料相談で、カウンセラーにどんなプラスがあるのか!
それはずばり「経験」です!

いくら知識があっても、カウンセリングは経験がものをいう場面が多いです。
実際に稼ぐカウンセラーの先生は
「経験を積み重ねることがカウンセラーとしての活動を飛躍させる」
とおっしゃっています。

一言に経験といっても、その中身は非常にたくさんあって
・リアルな相談者の相談を聞ける

相談内容は一つとして同じ相談はありません。さまざまな相談者がどのような相談をしてくるのか、そしてあなたの回答にどんな反応をするのかを無料相談で感じ取って下さい

・あなたの発信があっているかを確認できる

あなたはプロフィールを作成しましたか?そのプロフィールは正しく書けていますか?そんな疑問を相談者の相談内容から感じることができます。

・体験談の収集

あなたの無料相談は、その後クライアント候補の方への体験談になります。無料相談を通してあなたのカウンセリングをアピールしましょう。

無料相談で必要なこと

無料相談はやれば良いというものではございません。
必ず「セグメント」をして下さい。

あなたが今後カウンセラーとして活動する上で、クライアントになるであろう人に無料相談をするようにして下さい。
誰でもかれでも、相談を受けているのは時間の無駄です。
クライアントにアピールするコンテンツにもなりません。

必ず、今後につながる無料相談をするようにして下さい。

まとめ

無料相談には、必ずカウンセラーとしてのあなたの活動の後押しをしてくれます。
しかし、無料相談のやり方を間違ったらそれは今後につながらないただの作業になってしまいます。

無料相談にはやり方があります。
詳しくしりたい方は、ぜひご一報頂けたらと思います。

The following two tabs change content below.

Webプロ

代表Webプロ
2007年より大手悩み相談相談サイトの管理者として運営。 その後、通販ECサイト、メディアサイトの運営などでWeb広告、SEOの経験。 ウェブマーケティングのテストを行いながら勉強中。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る