カウンセラー開業について

カウンセラーの営業活動はこうやる

カウンセラーをビジネスとして成り立たせる為には、当たり前ですがお客様(クライアント)が必要で、そのお客様(クライアント)を集める為に、ブログを書いたり、広告を出したりといわゆる集客のための「営業活動」をしています。

稼ぐカウンセラーはこの「営業活動」が非常に上手です。上手というのは、ご自身の強みと、クライアントを巻き込む“営業力”があるということです。

今回はカウンセラービジネスの“営業力”についてお話させて頂きます。

カウンセラー営業は「クライアント知る」からはじまる

まずカウンセラーの営業活動を始める前に大切なことは、ご自身のクライアントを知ることです。
やみくもに営業をしてもクライアントは見つかりません。「誰に向けて発信しているか」「誰に向けて営業活動をするか」はとても重要になります。

ここで、質問です。
お客様(クライアント)はどんな時にあなた(カウンセラー)の存在を意識しますか?
あなた(カウンセラー)に相談するお客様(クライアント)はどんな人?

例えば、

  • 「小児科に連れていこう」と思う時は・・・
     →子どもが熱を出した!
  • 「美容院に行こう」と思う時は・・・
     →髪の毛を切りたい
  • 「歯医者に行こう」と思う時は・・・
     →歯が痛い

では、「カウンセラーに相談にいこう」と思う時は・・・
・・・・
・・・・
実は、すぐに出てこないんです!!

カウンセラービジネスには、「カウンセラーに相談する」というカウンセラーにとって最大の活動場が社会的に存在していないんです!!(少し大げさに言ってます)

ただ、その原因はあきらかで、「カウンセラー」という言葉が広すぎて、クライアントが何を相談して良いかわからないからです。
ですので、カウンセラーのあなたがまずすることは「カウンセラー」という職業をより具体化して、お客様ニーズのアンテナにひっかけることなのです!!
そして、その上でブログ記事作成などのカウンセラーとしての営業活動を行いましょう。

営業のためのクライアント情報の準備

では、いよいよカウンセラーの営業活動についてお話させて頂きます。

用意するものは「クライアントが知りたいこと」です。
こんなことは営業の初歩と言われてしまいそうですが、売れないカウンセラーはこれがほとんど出来ていません。
逆に、稼ぐカウンセラーは必ずこの部分を必ず抑えています。

クライアントの知りたいことは下記3つのポイントを抑えておきましょう。

  • あなたのことを知が知りたい
  • 相談の様子が知りたい
  • 相談の金額を知りたい

このポイントを持ってブログを書いたり、チラシを作成したりの営業活動をしていきましょう。

あなたのことを知が知りたい

クライアントとくに今までカウンセラーに相談をしたことが無い人は、この人が本当に自分の悩みを解決してくれるか不安を抱えています。

その不安を取り除くのはあなたのプロフィールです。
こちらに詳しいプロフィール作成方法を記載させて頂いたので参考にして下さい。
カウンセラーのプロフィール作り

相談の様子が知りたい

クライアントは相談の場所や相談の様子がわかると安心します。
あなたも飲み屋を探す時は、お店の雰囲気がわかる写真を必ず見ると思います。カウンセラービジネスも同様です。
場所や相談の様子がわかることで、あなたに相談をするハードルはグッと下がります。

カウンセリングの場所に困った時は下記に詳細内容を書かせて頂きましたので参考にして見て下さい。
カウンセリングの場所選びのポイント

相談の金額を知りたい

クライアントがあなたに相談をするか決める、最後のひと押しはカウンセングの料金になります。
特に前述させて頂いたように、日本はカウンセラーに相談をする文化が非常に少ないです。体験をして頂ければ、多くの悩みの解決または、日常の元気を与えられると私も思っているのですが、実際に相談をするクライアントにとってカウンセラーへの相談のハードルは思っているより高いです。
適切な時に適切な価格でクライアントにアプローチしましょう。

カウンセラー料金の詳細については、下記にも書かせて頂いております。
カウンセラーの料金・価格・値段設定

より営業の質を上げるポイント

ここまではカウンセラーの営業活動の基本の部分になります。ここからはカウンセラーの営業活動をの質を上げる方法についてお話させて頂きます。

カウンセラーの営業活動の質を上げる方法は1つだけです。
「クライアントに情報をもらう」

「えっ!?」と思う方も多いかと思いますが、営業活動の質を上げつには実際にあなたのカウンセリングを体験したクライアントから、より多くの情報を引き出すことにあります。

引き出す内容は、今後のあなたのカウンセリングメニュー改善につながる内容が良いかと思います。
メニューに改善点はなかったか?もっと良いメニューにするにはどのようにしたらよいか?
など、クライアントから情報を引き出しましょう。

このように改善を加えていくことで、あなたのキラーコンテンツが出来上がり、カウンセラービジネスが回り始めます。

メニュー作りの参考記事もありますので、合わせてご確認下さい。

カウンセリングメニュー作成の考え方とコツ

まとめ

今回はカウンセラーの営業活動について書かせて頂きました。
カウンセラーはカウンセリングだけをやっていれば稼げる職業ではありません。ご自身の強みを理解して、あなたのクライアンに届けることができれば、カウンセラービジネスは大きく動き出します。
そしてその動き出したビジネスのPDCAを回すことで「稼げるカウンセラー」になっていきます。
多くのストレスの中で生活している昨今。カウンセラーは必ず必要になってきます。
ぜひ、あなたの力で多くの悩みを解決に導いて下さい。

ABOUT ME
Webプロ
Web集客コンサルタントとして、SEO、Web広告、アフィリエイトなど様々なジャンルに携わっています。運営サイトは総合メディアサイト、大手メーカーのWeb広告担当、新規事業の立ち上げに参加。